良い自賠責保険や任意保険を提供している業者の探し方

自賠責保険や任意保険を扱う自動車保険会社はおよそ20~30社ほどあります。基本的な補償はどこも同じですが、やはり良い業者は即座に、細やかな対応を行ってくれます。それを見極めるポイントは会社の規模と安定性です。規模が大きいとマニュアルが徹底されて、良いサービスが提供されます。社員にも教育が行き渡り、常に一定の品質が保たれます。また保険会社はリスクの高い商売ですが、資本の大きい会社は損害が起こったときの対応力があり、安定していると言えます。さらに交渉力も強みです。示談や調停、訴訟となったとき、会社の規模が大きいほど優位であると考えられます。理由は実績と経験があり、よりスピーディーで柔軟な対応が期待できるためです。自分にもしものことがあったとき、信頼して任せられる業者を探しましょう。

自賠責保険や任意保険を取り扱う会社の種類

自賠責保険や任意保険を扱う損害保険会社にはいろいろ種類があります。少し特徴を見ていきましょう。まずディーラーや車検工場なども使う大手損害保険会社です。大手はコンピュータ管理システムなどがしっかりしているため、人気が高い傾向にあります。次に準大手の損害保険会社です。損害保険会社の代理店と縁があったり、損害保険会社の営業対応が良かったりする地域では、この準大手が扱われます。次に通販系損害保険会社です。店舗を持たないネット通販系は、自賠責保険もネット中心になります。自賠責保険を取り扱っていないところも多くなっています。最後に共済系です。自賠責保険ではなく自賠責共済という名前になりますが、法律に基づいた保険とまったく同じ料金と補償内容です。一部、組合員でないと加入できない共済も存在します。これらを参考にして、ご自分が入るべき保険業者を探してみて下さい。

自賠責保険と任意保険の補償の違い

自動車保険には、ご存知のとおり自賠責保険と任意保険の2種類があります。具体的に補償内容の違いを解説します。自賠責保険は「自動車損害賠償補償法」という法律で決められた強制保険で、未加入の場合には厳しい罰則があります。また補償は被害者の人に対してのみで、車やガードレール、自分の体は補償されません。これに対して任意保険は自賠責保険よりも充実した内容の保険で、加入は自由です。他人のケガや死亡を補償する対人賠償保険、他人の車や物を補償する対物賠償保険、相手に賠償能力がない場合の無保険車傷害保険、自分の車を修理するための車両保険などが含まれています。保険会社はこれらを組み合わせた商品を提案して利益を得ています。一般的に自賠責保険と任意保険を同一会社にするメリットはないと言われているため、自賠責保険は車販売店やディーラーで、任意保険は故意で選ぶ人がほとんどです。