自賠責保険と任意保険のそれぞれの特徴や違いの解説

自賠責保険とは加入が法律で決められている強制保険のことであり、任意保険は強制ではないが何か合った時に大きく補償してくれるもののため、入っていることで何か合った時に少しは備えになる、という違いです。自賠責保険は強制保険ですから、未加入の場合、何もなくても法律によって罰せられることになります。具体的には1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金、そして免許停止処分です。新車購入時には必ず保険加入の確認がされているはずです。自賠責保険未加入で何かトラブルを起こした場合、法律で罰せられるだけでなく、あらゆる金額を、そのまま背負うことになり、最悪の場合、家族に負担を負わせることになります。そして自賠責保険は被害に遭った相手にしか適応されません、つまりトラブルを起こして自分も被害に遭っても自分に対する補償は無いという事です。

自賠責保険は被害者に対して支払われるものです

自賠責保険はトラブルを起こした時、相手に対して支払う損害に対し相手に支払うお金です。自分に何か合った時、自分や車に対しての保障はありませんので、自分で何とかすることになります。ここをサポートしているのが任意保険です。そして任意保険はどの保障を付けるのかを選ぶことができます。ですから全て最高位の補償を付ける必要はないため、最も心配な部分を手厚く、そうでない部分はそれなりにという感じで保険に入ることができます。そして保険会社によってはロードサービスを無料で利用可能となっています。トラブル時の無料レッカー移動や、ガス欠時の無料でのガソリン給油など、保険会社によってサービスの違いはありますが、大小に関わらず、何かあった時に頼りになります。また任意保険は保険会社によって内容も金額も違いますから、比較検討をして納得できるものを選ぶことができます。

任意保険は弁護士費用も網羅している場合もあります

入らなくてはいけない自賠責保険と入らなくても法律的には違法ではないが、何かあった時に頼ることができる任意保険は、どちらも入っておく必要があると思います。自分はトラブルを起こさないと思っていても、トラブルは起きる時には起こります。何か合った時の保険、という言葉通りなのです。また任意保険はぶつけられた時の被害者になった時も自分に対して保障もしてくれます。そして加害者が任意保険に加入していなかった場合に、お金の支払いを渋った時に弁護士費用特約というものに入っていれば、弁護士に支払いの請求を依頼してもらうこともできます。被害に遭っても、加害者になっても、頼りになるのが保険です。保険に入っても使う事なんてないから無駄だったといって、任意保険に入らずにいた時に限って何かが起きるという話も聞きます。車は走る凶器です。決して慢心せず、その心構えとして保険に加入してほしいです。