おさえておきたい自賠責保険や任意保険に加入した後の注意点

自動車保険には大きく分けると、自賠責保険と任意保険があります。「強制保険」とも呼ばれる自賠責保険は、法律により加入が義務付けられている保険になり、自動車すべてが加入しなければならない保険です。違反者には厳しい罰則も設けられており、加入していない場合は50万円以下の罰金または1年以下の懲役という処分が下されます。一方、任意保険とは自賠責保険だけではカバーできない損害を補償する保険で、その名の通り任意で加入する保険となっているため、自賠責保険のような強制力はなく、加入は個々の自由となっています。しかし、任意保険では自分や搭乗者への補償だけでなく、相手方への補償や車への補償など補償も幅広いほか、ロードサービスなどサポート体制も整っている保険も多いので、自動車を運転される人は是非とも加入しておきたい保険です。

自賠責保険加入後に注意しておく点

わが国では、自動車損害賠償保障法に基づき、車やバイクを運転する場合は自賠責保険への加入が義務付けられていますが、自賠責保険に加入していても、場合によっては補償されない場合もあるため、自賠責保険に加入していてもすべてのケースを補償してくれるわけではありません。また、自賠責保険は被害者救済保険ではありますが、相手の運転手や同乗者が死傷した場合や、自分の不注意で死傷した場合も自賠責保険は受けることができません。そのため、相手への賠償金を支払う場合にも対応できるよう任意保険に加入しておくこともとても重要です。また、自賠責保険は自動車の運行中だけでなく、自動車の停止中に相手が死傷した場合などについての補償も対象外となっており、自動車を利用する場合は自賠責保険と任意保険をセットで加入しておくことが大切です。

任意保険加入後の注意点について知る

車の買替えや任意保険の満期日が近づいてきた時に自動車保険の乗り換えを検討される人も多いですが、任意保険を乗り換える場合は自賠責保険と違って乗り換えのタイミングに注意しなければなりません。例えば、契約中の任意保険を解約した場合、解約した場合に返還される解約返戻金がある可能性があります。しかし、一般的に解約返戻金は月単位で計算されるため解約のタイミングによっては経過していない期間のお金が戻ってこないケースもあります。また、保険の乗り換え時期によっては補償されない期間が発生してしまう場合もあるので、任意保険を解約する場合は解約と同時に次の保険が開始できるようにしておくことも大切なポイントのひとつです。このように、自動車保険の乗り換えで損しないためには、解約返戻金の金額も含め、メリットがあるかを考慮した上で乗り換えを検討することが大切です。