まずは自賠責保険や任意保険がある自動車保険の基本的知識を紹介

自動車やバイクを購入して運転するためには、保険に入らないといけません。その保険には自賠責保険と任意保険の2種類あります。免許を取るために通っていた自動車学校で習ったことを思い出してみてください。自賠責保険は必ず入らないとなりませんと習ったことだと思います。これは相手側だけの補償しかできません。万が一の人や物にぶつかった際の保証金額は高額になる傾向があるので、これだけでは十分な補償ができません。それを補うために任意保険というものがあります。これには入っていた方が、万が一の時は安心です。名前通り任意なので、入っても入らなくても構わないものですが、自分側の補償ができるものもあるので、補償内容はよく見ておきましょう。保証金額を高めにしたりオプションを付けたりすると保険料は高くなります。

自賠責保険と任意保険を比べてみる

自賠責保険は、原動機付自転車などのすべての自動車に加入が義務付けられています。これは自動車損害賠償保障法という法律によってきめられています。これに入らずに運転することは法律に違反することになるのです。人にぶつかった時が対象で、物にぶつかった時は対象ではありません。任意保険は、自賠責保険で十分に補てんできない部分を補ってくれます。物にも対応していますし、人が死亡した場合の補償金額が1億円や無制限というものがあります。保証金額が同じでも年齢や過去の保険を使った記録で支払う金額が変わってきます。そして、車両保険を付ければ、自分の車の補償もしてくれます。任意保険やそれの保証金額が大きいものに入っていれば、入ってないよりは安心ですが、人や物に車をぶつけないのが一番です。違反もしないで安全運転をしましょう。

自賠責保険と任意保険のメリットとデメリット

自賠責保険と任意保険のデメリットは、使わなくても払わないといけないということでしょうか。しかし使わずに済んだらそれはそれで安全運転であったことの証明になるのでデメリットとは言えないかもしれません。メリットは、万が一の時は自賠責保険で補えない部分の補償をしてくれるのと、故障車両のレッカー移動や宿泊費やほかの交通手段を使わないとならないときの料金なども負担してくれるものもあります。自分がいくら気を付けていても、ぶつけられることがありますが、エアバッグのついた車だと、少しでも怪我が軽く済むように自己防衛として有効だと思います。エアバッグも今は四方についているものがあります。保険料は安心を買う為のような費用ですが、やはり安全運転が一番です。通勤、レジャー、仕事上の運転には十分に気を付けましょう。

個人年金保険は利率の高さや戻り金の計画を立てて老後の準備をしましょう。 医療保険なら怪我や病気の治療にかかる経済的負担を軽くする保険になります。 お見積りをされた方限定の特典情報をご案内しています。 初めての方はお電話でお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 お申し込みから契約が完了するまでの流れをわかりやすく説明しています。 自賠責保険に任意保険をプラスするなら「保険マイルナビ」